オタネニンジンとは

オタネニンジンとは

オタネニンジン

オタネニンジン

オタネニンジン

オタネニンジン(御種人参) は、ウコギ科の多年草である。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。
薬用または食用に用いられ、チョウセンニンジン(朝鮮人参)、コウライニンジン(高麗人参)とも呼ばれる。一方、野菜のニンジンはセリ科であり、本種の近類種ではなく全く別の種でありセリニンジン(人参)である。

※Nhan-sam-Han-Quoc とは ベトナム語で高麗人参のこと。

 

各名称の由来

本種は「人参(人蔘)」と呼ばれ、中国、朝鮮半島、日本では古くからよく知られた薬草であった。枝分かれした複数本の根の形が人の姿を思わせることが、その名称の由来といわれている。

御種人参」の名は、八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じて朝鮮半島で種と苗を入手させ、試植の後各地の大名に「御種」を分け与えて栽培を奨励したことに由来する。

「人参」の語は元来本種を指すものであったが、日本においては、江戸時代以降、セリ科の根菜「胡蘿蔔(こらふ、現在のニンジン)」が舶来の野菜として知られるようになると、本種と同様に肥大化した根の部分を用いることから、「せりにんじん」などと呼んだ。
時代が経過するにしたがって「せりにんじん」は基本野菜として広く使われるようになり、単に「にんじん」と呼ばれるようになった。一方で、本種は西洋医学が広まるとともに使われなくなっていった。その後、区別の必要から、本種に対しては、明示的に拡張した「朝鮮人参」の名が使われるようになった。

戦後、日本の人蔘取扱業者は輸入元の韓国に配慮し、「朝鮮」の語を避けて「薬用人参」と称したが、後に「薬用」の名称が薬事法に抵触するとする行政指導を受け呼称を「高麗人参」へ切り替えた。

オタネニンジン(高麗人参)の利用方法

高麗人参の利用方法

Nhân sâm dùng pha trà

Nhan-sam-Han-Quocとは ベトナム語で高麗人参

生薬

主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきた。血圧を高める効能があるため、高血圧の人は控えるべきだと言われてきた。しかし、血圧の高い人が飲むと下がるという報告もあり、実際は体に合わせて調整作用があるともいわれている。
また、自律神経の乱れを整える作用もある。注意点は、風邪などの感染症の発熱時や大きな腫れものある時などは避ける。

漢方では他の漢方の薬効を強める働きがあるといわれ、単体だけでなく他の漢方と併用する場合もある。

江戸時代には大変に高価な生薬であったために、分不相応なほど高額な治療を受けることを戒める「人参飲んで首括る」のことわざも生まれた。

 

その他

韓国では煎じたものを人参茶として飲んだり、サムゲタンなどの料理にも利用するほか、乾燥させる前の「水参」をスライスして蜂蜜につけて食べたりもする。人参入りの栄養ドリンクやガム、石鹸なども市販されているほど、日常生活に浸透している。日本においては、韓国料理の材料として用いられる他、天ぷらの材料とする事がある。

高麗人参の選び方・摂取・効能・副作用

高麗人参の選び方

選び方

kourai-ninjin多岐にわたる効能は「サポニン(ジンセノイド)」の含有量が選ぶポイントとなります。サポニンは自然界において様々な植物が含有している成分ですが、高麗人参の含有量は圧倒的に高いのです。

また、種類も非常に豊富で、それぞれが機能をもっていると考えられています。その特殊性と有用性の高さから別名ジンセノイドと呼ばれました。

高麗人参は、栽培環境や栽培の年数、加工方法によっても、含有量が異なります。
一般市場で高値で取引されている高麗人参は、とても優良なものとなり、高値取引される高麗人参には「紅参」「六年根」があります。

「紅参」は加工法の一種であり、人参を煮立てた後に乾燥させたものを指します。ジンセノイドは皮の部分に豊富に含まれているため、皮も剥かないまま加工したものであり、非常に栄養価が高いとされています。

「六年根」は栽培年数が「六年目」のものを指し、ジンセノイドが最も豊富に含まれるとされています。

 

摂取方法

以前は人参茶や人参酒として飲むのが一般的でしたが、現在ではサプリメントタイプや錠剤タイプが飲みやすいでしょう。

高麗人参茶は作るのに数時間かかり、毎日の摂取を考えると大変な作業となります。お茶タイプでは、近年、顆粒タイプのエキスをお湯に溶かして飲むといったお手軽なものもあります。

 

効能

現代の高麗人参の効能といって代表的なものは「アンチエイジング」や「むくみ解消」などの美容効果をはじめ、「生活習慣病予防」や「ガン予防」などの健康面への働きかけが挙げられます。ただし、あくまでも健康サポートとしての効能となります。

また最近では「二日酔いの解消」や「肩こりの解消」なども挙げられています。二日酔いに関しては、事前に摂取しておくと二日酔いになりにくいと考えられています。

 

副作用

副作用があるかというのが気になる点ですが、過剰摂取をしない限りは安全な食品とされており、副作用はありません。
ただし、まれに好転反応という軽い症状(めまいや眠気など)が挙げられています。この症状は体の毒素が抜けて、体の調子がよくなる兆候といわれている東洋医学の概念です。数日~数週間で納まるといわれていますので心配はありませんが、気になるようであれば、かかりつけのお医者様に相談することをお薦めいたします。

古希祝いのおすすめ品

オタネニンジンとは

古稀とは70歳のお祝いのことで、中国、唐時代の詩人である杜甫の詩の一節にある「人生七十古来稀也」からきています。その時代は70歳まで生きるということは本当にすごいことだったようですね。古稀のお祝いの色は紫色です。60歳の還暦のお祝いの色は赤であることは有名ですよね。お祝いの時には赤いちゃんちゃんこを着てもらいます。同じように古稀のお祝いの時には紫のちゃんちゃんこを着てもらいます。その他は特に決まりごとがなく、家族そろってごちそうを食べたりしてお祝いすることが一般的な祝い方です。そんな古稀祝いの贈り物選びには、迷ってしまいますよね。せっかくの長生きのお祝いなので、どうせなら喜んでもらえるものを送りたいものです。そこでいくつかおすすめなものをご紹介したいと思います。まず、選ぶ際のポイントは使い捨てのものではなく長く使えるものや送られる側の趣味などに使えるもの、日常的に目に入るものがいいでしょう。送られたプレゼントを使うことで送ってくれた人のことを想う時間が増える。そんなことも贈り物の醍醐味ですよね。例えば古稀を迎える方が男性でお酒好きな場合は名入りのお酒も人気です。女性の場合は紫色の花束はいかがでしょうか。さらに少しひねったものだと似顔絵というのも最近人気のようです。旅行好きの方には旅行のプレゼントも喜ばれることでしょう。本人の好きなものを事前にリサーチして、最高の古稀祝いをしてあげましょう。

歓声が上がった!サプライズの還暦をプレゼント

オタネニンジンとは

普通の還暦祝いではもの足りないという場合、サプライズの還暦パーティーを企画するのをおすすめします。当日、普段とおりに帰宅したり、飲み会などとウソをつき、家族・友人・知人が還暦パーティーの為に大勢集まっていてビックリさせるという方法になります。集まる人数も多く、遠方に住んでいるなど、なかなか会えない家族や知人が参加できると、サプライズ感が増します。また、サプライズのプレゼントとしておすすめなのが、お祝いのメッセージや普段なかなか会えない家族や友人などと撮影した動画やビデオのプレゼントをおすすめします。お祝いの言葉を入れて撮影し、思い出の写真などどともに編集すれば心に響くサプライズプレゼントになること間違いないです。また、写真集や思い出のフォトブックなどもおすすめです。贈る側が一生懸命作成した気持ちも伝わり、心が温まるものになること間違いありません。コメントなどもつけると、さらに喜ばれるものになると思います。また、似顔絵や肖像画を作るのもおすすめです。見ているだけでほのぼのした気持ちになりますし、記念に残る、似顔絵や肖像画は一生の宝物になること間違いありません。また、似顔絵や肖像画と一緒に、メッセージや手紙なども書き添えればより気持ちも伝わり、喜ばれること間違いないです。還暦祝いに、何を贈ったらいいのか悩まれる方は多いと思いますが、記念になるもので、世界に一つだけのものがサプライズプレゼントにはおすすめです。

喜寿の記念に極上のプレゼント

オタネニンジンとは

喜寿(77歳の誕生日)のお祝いの仕方には、数え年では、満76歳の正月か誕生日に行うのと、満年齢では77歳の誕生日に行うやり方があります。最近では、数え年か満年齢かのこだわりが少なくなり、満年齢の誕生日に祝うケースが多くなっています。日本の祝い事には、還暦の赤いちゃんちゃんこ等、色が付くのが慣例ですが、喜寿の色は紫になります。それ故、お祝いに現金や金券などを渡す場合は、紫色系のものを使うと良いと言えます。「喜寿」の意味としては、「喜」という漢字を草書体にすると、十七の上に七が付いたように見えることに由来します。祝い方としては、子どもや孫、その他の親類が集まって、内輪で行うのが一般的です。自宅で行う事が難しければ、レストランやホテルで行うのがオススメです。

喜寿を祝われる側としては、親戚が一同に集まること自体が最高の贈り物と言えます。それでも、祝う側としては、記念に残るような品を選ぶことは、また、喜びともなるわけです。通常は、夫婦で使える陶器や衣類、そして装飾品などになりますが、特別な趣味に合わせた品なども選択肢に入ります。また、孫やひ孫からの手作りの品や手紙なども喜ばれると言えます。実用的なものでは、高級布団なども人気がありますが、皆で分担できるメリットがあるわけです。最近注目される目先の変わったものでは、喜寿の方の名前の一文字ずつを使った詩の製作などがあります。額に入れて飾ることができるので、見る度に自分の人生を振り返ることが出来ます。

TOPへ戻る