オタネニンジンとは

オタネニンジン

オタネニンジン(御種人参) は、ウコギ科の多年草である。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。
薬用または食用に用いられ、チョウセンニンジン(朝鮮人参)、コウライニンジン(高麗人参)とも呼ばれる。一方、野菜のニンジンはセリ科であり、本種の近類種ではなく全く別の種でありセリニンジン(人参)である。

※Nhan-sam-Han-Quoc とは ベトナム語で高麗人参のこと。

各名称の由来

本種は「人参(人蔘)」と呼ばれ、中国、朝鮮半島、日本では古くからよく知られた薬草であった。枝分かれした複数本の根の形が人の姿を思わせることが、その名称の由来といわれている。

御種人参」の名は、八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じて朝鮮半島で種と苗を入手させ、試植の後各地の大名に「御種」を分け与えて栽培を奨励したことに由来する。

「人参」の語は元来本種を指すものであったが、日本においては、江戸時代以降、セリ科の根菜「胡蘿蔔(こらふ、現在のニンジン)」が舶来の野菜として知られるようになると、本種と同様に肥大化した根の部分を用いることから、「せりにんじん」などと呼んだ。
時代が経過するにしたがって「せりにんじん」は基本野菜として広く使われるようになり、単に「にんじん」と呼ばれるようになった。一方で、本種は西洋医学が広まるとともに使われなくなっていった。その後、区別の必要から、本種に対しては、明示的に拡張した「朝鮮人参」の名が使われるようになった。

戦後、日本の人蔘取扱業者は輸入元の韓国に配慮し、「朝鮮」の語を避けて「薬用人参」と称したが、後に「薬用」の名称が薬事法に抵触するとする行政指導を受け呼称を「高麗人参」へ切り替えた。

TOPへ戻る